自由診療は、保険診療とは全く違うクオリティー・コンセプトです

「自由診療」「自費診療」「保険診療」の違いについて

自由診療?

よく、患者さんから、
「自由診療では、保険診療の10割負担なのですか?」
という質問を受けます。
答えはNOです。自由診療では、治療の計画、内容、クオリティーが全く違ってきます。

保険診療には、次のような問題があると考えます。

  • 1.今、悪い部位だけの治療しかできない
  • 2.自動的に対症療法的な治療になる(他の部分に悪くなった原因があるのに、
    悪くなった部分だけの治療しかできない/原因の除去ができない)
  • 3.1. 2.の理由で理想的な治療計画を立てられない
  • 4.治療計画を立てられなければ、整合性のとれた口腔の状態は作れない
  • 5.整合性のとれた口腔内の状態が作れなければ同じ問題を何度も繰り返してしまい、結果的に歯を失ってしまう

これらが保険診療の最大の問題です。他にも、次のような問題があります。

  • 6.時間を多くかけられない(スピードが何より大切になってしまう)
  • 7.予防に保険が適応されない
  • 8.口腔の安定(特にかみ合わせ)に絶対的に必要な、
    インプラント/矯正/セラミックに保険が適応されない(材質/治療法の制限)

それでは、保険の良い所をピックアップしてみましょう。

  • 1.とりあえずの痛みは解消することが出来る
  • 2.とりあえずの治療は出来る
  • 3.安価

保険診療は、昭和の時代、虫歯が氾濫している時代には、以上の点で世の中に大きく貢献していました。しかし、残念ながら現在の科学やニーズとマッチしていません。
平成の時代になり、平均寿命も大きく延長しました。自分の歯で食べることなど、口腔に関係するすべてのことに苦労することなく、長い人生を送れることは本当に幸せだと思います。私もそのような歯科医療を目指しております。ですから敢えて自由診療が必要なのです。

また、よく「自由診療」「自費診療」を混同している方(歯科医師を含め)もいらっしゃいます。

「自費診療」とは、保険診療の中で、「その部分は保険のきかない良い材料にしましょう」というもので、保険診療の延長上にあるものです。ですから、例えば自費診療で大きな治療をすると言うことは、建築に置き換えると「最初は一軒家を建てる予定が、いつの間にかビルを建ててしまった。しかしその地盤が弱いことが、ビルが壊れた後に判明した」ようなものです。これでは施工主も、施工した業者さんも途方に暮れてしまいます。(地盤が弱くても、小さな建物を建てるのには問題ありません)

画像1

それに対して「自由診療」は、最初から「一軒家」を建てるのか「ビル」を建てるのか、明らかにし、その地盤をどのように補強するか?その補強はどのくらいの一軒家やビルを建てるのに十分か?しっかり検討し、また、その工法や順序などを、施工主と共に明確にしてからスタートします。また、時には、計画を練りに練った末、「何も建てない方が良い」という決断になることもあるのです。
以上の理由から自由診療では(救急の場合を除き)すぐに治療が始まることはありません。それも自由診療が他の診療体系と違う部分です。

いかがでしょうか?「自由診療」「自費診療」「保険診療」の違いをご理解いただけたでしょうか?この文が、皆様の今後の生活(人生)のお役に立つ事があれば幸いです。

Close